タグアーカイブ shouse

著者:arata-design

築45年のフルリノベーション

事務所開設、第一弾の物件です。

解体段階で既存構造の激しい老朽化(シロアリなど)が発覚し、現場で施工者との共同作業で解決し、まったくイメージの違う住宅へと生まれ変わりました。

設計:アラタデザイン一級建築士事務所
施工:藤匠住宅(キドタカシ)

著者:arata-design

桜坂の住宅改修 竣工写真できました。

夏に完成しました桜坂の物件、竣工写真ができました。

写真はこちら

設計:アラタデザイン一級建築士事務所

施工:藤匠住宅

写真:針金洋介

著者:arata-design

建築写真

桜坂の住宅改修、写真撮影を行いました。

img_0626

撮影して頂いたのは、建築写真家の針金さん。

仕上がりが楽しみです!

著者:arata-design

桜坂の住宅改修

暑い日が続いています。

IMG_0421

桜坂の改修もようやく落ち着き、ご自宅ではお施主様の暮らしが始まりました。

お施主様にとっては、ここからがスタート。今までと同じ場所で、今までと違う暮らしをゆっくりと過ごして頂きたいと思います。

9月に入ってから写真撮影を行いますので、写真が出来ましたらしっかりとHPにアップして行きたいと思います。

リビング北窓

シンプルに使いやすい動線を考え、家族のつながりや心地よい風景を取り込んだ、無垢材の香る家となりました。外観は新旧の対比、内観は全く新しい空間となっています。

設計の早い段階から藤匠住宅さんとタッグでの物件です。

階段

へたくそな写真ですので、また、改めて。

機会を頂きましたお施主様、存分に知恵と材料をご提供くださった藤匠住宅さんとのご縁に感謝です。1F洗面所

 

著者:arata-design

もうすぐ竣工

桜坂の現場、養生も取れだんだんとその姿を現してきました。

cropped-IMG_2870-1.jpg

続きを読む

著者:arata-design

外構のデザインをまとめて

桜坂の改修現場も、鉄火場となっています。

引っ越しを控え、様々な!?苦難の連続で現場が思うように進まず、各工種入り乱れてのラストスパートが続いています。

外構計画外構デザインの最終調整、現場でパースにスケッチしながら最終形態をまとめます。このスケッチは、現場にそのまま指示書として置かれます。

辺に図面をあげるより、このように見え方を含めてディテールを手書きで納めても十分理解してもらえるとか。藤匠住宅さんは計画をいい感じに補正し提案して頂けるのでデザインに関してスムーズに会話が進みます。

さあ、仕上がりが楽しみです。

著者:arata-design

手間をかける住宅、各所のディテール

桜坂の現場、内装工事が進みます。

開口部枠まわりも、藤匠住宅さんの施工図に基づいて取り付けられていきます。

IMG_2474

今回はこちらが基本的に示した枠のイメージを受け、各部分の納まりを発展的に藤匠住宅さんが納めていきます。

現場に入ってからは藤匠住宅さん主導で、こちらはデザインに関する協議をして、イメージの共有やお施主様へのコンセンサスをとっていくという役割で進めています。部分改修という難しい現場ですので、このような方式のほうが流れがスムーズとなります。

続きを読む