オーナー様の引っ越しが終わり、解体前の家屋調査を行いました。

DSC01579

これは計画した図面をもとに改修の大まかな方針を固めるもので、たくさんの家具が置かれていた状態では見えなかった物が見えてきます。

本日は施工を担当する藤匠住宅の皆様と設備屋さんが集まり、経験も踏まえた実地調査です。住んでいる間は見えなかった部分も一部破壊して確認しました。空き家を改修することとは違い、ここからが本当の勝負です。

 

やはり、設計期間中見えるところだけを見ていた段階よりたくさんの情報が得られ、予想できなかった躯体の劣化も確認されました。

予算内におさめながら、今後住み続ける上で必要な改修をどのように行っていくかを検討します。


カテゴリー: architecture